expand

コードマーキング

現在では表示や管理を行う際にバーコード、2次元コードなどが利用されることが多いですが、レーザーマーキングでは、ほかの印字に比べてより密度の高い印字が可能です。しかしながら、印字の仕方によって読み取りやすさに差が出てしまうことがあります。
コードマーキングにおいて、バーの比率やセルの均一性は非常に重要です。それらの印字が正確でないと誤読や読み取りエラーにつながります。また、リーダーによって、表面の光沢や色味などが影響する場合があります。
当社では、多くの実績と経験から読み取りやすいコードマーキングのご提案を行っております。

ハーフトーンマーキング

レーザーマーキングでは、印字色はほとんどの場合材料に依存します。
レーザーラベルの場合、ラベルのカラーによって設定された色で印字します。例外として印字のトーンを変えることはできます。自由なトーンで印字することにより、偽造防止機能を付加し、または強化することが可能です。
レーザーマーキングの特性を生かしたハーフトーンでの変数印字などで強力に偽造防止機能を加えることが可能です。

マイクロ文字印字

偽造防止や改ざん防止、またスペースの問題で小さな文字が必要な場合、レーザーマーキングは解決策の1つになります。
レーザーマーキングなら、変数の印字や頻繁なレイアウト変更などにも柔軟に対応できます。英数字であれば文字高さ0.3mmから可能です。小さなロゴマークなども対応できます。

レーザーマーキングでは、限られたスペースへの印字や耐久性・精密性が求められる物への印字など、お客様の様々な目的に応じて対応することが可能です。また、当社では、一つの物に対してレーザーマーキングによる様々な機能を組み合わせてのご提案も可能です。

お気軽にお問い合わせください


PAGE
TOP